拘束しちゃう

胸の形がキレイ

いろんなことに対応できる、ロープはいかがでしょうか!?適度に伸びる、シリコンを使っていて、良い感じの締め付けができるものがいいですよ~!足や手、体をベッドに直接拘束など、ロープがながければいろんなことに使えますよ☆
これなら部屋に置いてあっても、他の人がみてもだれもアダルトのものだと思わないため、恥ずかしがり屋でむっつりな人でもお勧めします♪

あなたの視界を防ぐ・・・アイマスク。生地が雑だと肌を傷めてしまうかもしれないので、シルクの素材の物などがお勧めですね。また、耳にかけるタイプのものよりも後ろで縛るものの方がいいですよ!素敵なSMタイムが楽しめます・・・☆

身動きを封じる・・・手錠。これは興奮度マックスの一押しです!手だけでもいいですが、手と足を同時に拘束することができるものが特にいいですよ!四つん這いにしてこれを使えば、調教タイムが始まります・・・♪
カギがなくなった!という状況になるとやばいので、カギなしでも解除することができちゃう安全装置がついているものを選んで購入するといいですね。

いつものエッチに少し手を加えて本格的に!?
たまに使うとより興奮しますよっ☆

たまに使う!

脇の脱毛をした男性

【バイブ】
バイブにはたくさん種類があるんですよ!太さもさまざま、長さもさまざま。形も凝っていて、振動の種類も豊富。

かなり女の子を責めたいなら、立派な大きさのペニスバンドがお勧め。女性のあそこにいれるものですので、素材に気を付けて選ぶといいですね。純正なシリコンを使っているものだとか、安全なゴム素材のもの。また、肌に優しいとされているものを選びましょうっ!

男性の息子さんが割と大きいサイズのものなら、それよりさらに大きいものを選ぶといいですね。でも、男性の息子が割と小さめの場合、あまりに差があるものを選ぶと、女性の体にとって衝撃がでかすぎて、快感ではなくただの痛みに変わってしまうことがありますので、ご注意ください。

オナホール

制服のスカートから見える下着

キャットファイトに興味があるならDVDやグッズが豊富に揃っているサイトを見てみましょう。

後悔せずにリアルラブドールを購入したい人はこちらのサイトも検討対象に含めておきましょう。

男性専用のアダルトグッズといえばオナホールがその代表ですが、そもそもオナホールはいつごろ誕生したのでしょうか?
そのルーツは意外と古く、2000年前の中国がその原型とも呼べるものを作り出したそうです。
しかし、当時のオナホールは高価で一般人には手が出せないシロモノでした。
そこで庶民達はコンニャクに穴を開けて、そこにペニスを挿入して自慰を楽しんだそうです。
これは日本でもポピュラー(?)なオナニーの方法ですが、もしかしたら中国から伝えられたのかもしれませんね。
現在のようなアダルトグッズとしてのオナホールが誕生したのは、1980年代後半になってからです。
かつてのオナホールはカップの中にローションを染みこませたスポンジを詰めたものが主流でした。
また中には振動機能を加えたものもあったそうです。
80年代後半、アダルトグッズの発展とともに、オナホールも成長を遂げます。 そこで現在のような軟性樹脂製のオナホールが生まれました。
オナホールは様々なバリエーションがありますが、それらを大きく分類すると以下のようになります。

バイブの魅力

プールサイドを歩く

まずアダルトビデオやアダルトグッズを使ったことがない女性に、いきなりバイブを見せればどのような反応を示すでしょうか?
恐らく「怖い」とか「痛そう」と思うはずです。
もしあなたがアダルトグッズを使い慣れていたり、責められるのが大好きなMの女性なら快感を得ることが出来るかもしれませんが、そうでない場合、下手をすれば女性器を傷つけてしまうことがあります。
そのような事にならないためにも、正しいバイブの使い方を理解しておかなければ行けませんし、初めてアダルトグッズを使う方はバイブよりもローターの方が向いています。
どうしてもローターを使いたいという人は、短めのものを使いましょう。
大人のおもちゃの中でも、特にバイブは得られる快感が大きいほか、視覚的な卑猥さも魅力的です。
女性にも楽しんでもらうために、あえて結合部分を女性に見せてあげましょう。

「ほら見てみて、○○のアソコに入っちゃってるよ」
「うわ!あれだけ嫌がっていたのに、アソコがグチョグチョになっているねぇ。なんでかな?」
「こんなにでかいバイブなのに、すっぽりと入っちゃうよ。」
など、言葉責めも加えることで更に女性を楽しませることができるでしょう。

注目の記事

オススメリンク

Copyright © 2016 アダルトグッズの最高峰とは. All Rights Reserved.
CSS.Design Sample